ハワイの永遠に続きそうなくらい穏やかな時間は一瞬で過ぎて、写真の色だけが鮮明に残る。

記憶はきっと曖昧の方が、時に美しい。


写真は「わたし達だけの時間」をそこにいなかった誰かに見せることができる、凄く不思議なこと。

そこにいなかったのに、その人は同じ景色を見ることができる。フィルムにその一瞬の光を焼き付けている。

私にとって写真はまるで魔法のようなもの。


10日間オアフ島の北、ノースショアで暮らして、私は初めて何も考えない旅をした。

何も考えず朝日で目を覚ましてはカメラを持って海へ行き、シャッターを切っては目を瞑る、起きてはまたシャッターを切る。

ただただやってることはほとんど毎日同じでも、全く違う時間が流れて、全く違う写真が撮れる。

人の表情だって毎日違う。同じ人だけど、少しだけ昨日と違う、そんなことを感じた日もある。

多分、あなたの心の違い。


そんな写真に映る像の不思議さ、淡いわたしたちの21歳の記憶をまとめた1冊。


South Point : Ka Lae

まわりは大きな岩海岸で、風の強い場所

風が強く吹いている方が、きっと早く走れる