人との出逢いで人生はどんな方向にだって動く。

私がモロッコに夢中になった理由の1つに「イスラム」があります。
幼き頃に教科書で学んだ記憶がおぼろげに蘇る。何も知らなかった、
触れ合ったこともなかった彼らのことを、イスラム教を、理由もなしに何だか「怖い」と思っていた。
私もそう思ううちの1人だった。 でも実際にイスラム圏の国に自分の足で立ってみて、
同じ時間を過ごしてその考え方は180°変わった。
あなたの得ている情報は誰がどこで感じてきて、誰が発信しているものなのか。

メディアから飛び込んでくる過激な言葉と映像
わたしたちはただそれだけで イスラムを判断してはいないだろうか
「イスラム=危険」はイスラムの一部分であるが全てではない
世界で最もムスリムの多い国がアジアにあることを 何割の人が知っているだろか
そこに文化の違いはあっても生きるという本質は同じである

私が直接感じた、私にしか伝えられないことを伝えたい。

たとえ、感じてきたイスラムがモロッコに限定されたとしても、
良いところ沢山、衝撃的すぎたことも沢山。感じたものをひとりでも多くの人に伝えたい。

あなたの知らないイスラムの世界を。